MACROSS PORTALSITE

NEWS


「マクロスモデラーズ2周年記念プラモデルコンテスト」授賞式レポート!

■「マクロスモデラーズ2周年記念プラモデルコンテスト」授賞式レポート!



 2018年2月24日(土)に開催されたワルキューレ3rd LIVE「ワルキューレは裏切らない」会場である横浜アリーナにおいて、昨年作品を募集した「マクロスモデラーズ2周年記念プラモデルコンテスト」の授賞式が行われた。

 このコンテストは2017年10月からツイッター上で募集を開始し、応募は前回(第1回)を上回る応募総数となった。
マクロスビジュアルアーティストである天神英貴氏にちなむ「天神英貴賞」のほか、昨年10月1日の「全日本模型ホビーショー」会場において提案された50歳以上の応募を対象とした「マスターズ賞」など、新設の賞を含めて全10賞、8名が受賞することとなった。



 賞の審査は、事前にツイッター上に投稿された写真をもとに、各メーカーの審査員たちからの推薦によってまず最終選考作品を選出。最終的に直接実際の作品を見ながら審査を行っている。

 会場には、マクロスモデラーズ協賛メーカーから、それぞれ代表者がプレゼンターとして来場。さらには「劇場版マクロスΔ」で監督を務めた河森正治氏も訪れ、「最優秀賞」及び「河森正治賞」をダブル受賞した受賞者に賞状と副賞のプレゼントを直接手渡したのだった。

 授賞式はワルキューレライブの開催直前のロビーで行われる。会場に集まりつつある観客の皆さんの熱気や、ライブ直前で静かに高まる興奮といった雰囲気を感じつつも、授賞式自体は昨年同様に和やかかつアットホームな雰囲気で執り行われた。



 このコンテストの受賞者に渡される賞状やプレゼントは豪華かつ、ファン垂涎のサービス精神に溢れたものとなっているのも特徴だ。賞状には河森氏や天神氏、さらにワルキューレ声優などそれぞれの賞を選出した人のサインが入れられていたり、その日行われるワルキューレライブの観戦チケットがもらえてそのまま会場でライブを楽しめたり、といったものだ。

 また、今回は協賛メーカーから提供される賞品もさらに嬉しいアイテムが加えられた。賞にもよるが、まだ未発売の新アイテムがリリースと同時に受賞者の手もとに届けられるように目録形式とした副賞があり、その内容が発表されると受賞者の間からも「すごい!」と驚きと喜びの声が上がっていた。

 受賞者はそれぞれ受賞の喜びをコメント。中でも、「最多RT賞」「安野希世乃賞」をダブル受賞したコバレオさんは、想像で作ったジオラマ風作品が「劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ」内の新規シーンにイメージが近かったことから、「映画館でガッツポーズしました」と笑顔で語っていた。


 授賞式後は、受賞者たちと河森氏やメーカー代表者が作品の前で語らいながら、記念撮影などを行った。

 受賞作品は、工作の技巧などはもちろんだが、作者の作品やキャラクターへの「思い入れ」が伝わってくる素晴らしいものばかり。作品からメッセージ性が伝わる、ということはとても大切だとあらためて感じた今回のコンテストだった。

受賞作品はワルキューレ3rd LIVEの開場&退場時間帯に1Fロビーにて展示され
多くの見学者でにぎわった。

なお、2018年3月9日(金)~4月8日(日)の期間
東京・秋葉原のソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館 4F
にて、今回の受賞作品8作品を展示中。
期間中に秋葉原に行くことがあれば
ぜひ、間近で実物をご覧いただきたい。

【受賞作掲載ページ http://macross.jp/modelers/contest_result.php  へ】